見抜く方法

浮気、倫理に反することをすることは隠れてする人が多いが、必ずしも隠れてできることではないのだ本人は周囲にバレないようにしているつもりでも、必ず前とは違った行動をしていたり、前とは違うことがあからさまに出ることがあるので、一番身近にいる、例えば妻であったり夫であったり、彼氏彼女は気が付くことが多い。
浮気、倫理に反することの見分け方、怪しい行動、チェックすべきポイントなどをここでは見ていくが、浮気、倫理に反することをしている人は必ずサインが出ているし、怪しいと思った時点でそのチェックポイントを調べれば尻尾を掴むことができることが大半である。
探偵に依頼しなければ調べられないと思っている人も多いが、そんなことはない。探偵に依頼しなくても一番身近にいるからこそわかるコツもあるのだ。例えばこれまで気にしなかった身なりに、やたらと気になりだしたら、それは誰かにいいように見られたいと思い始めた証拠である。
あなたと一緒にいるときは髪型も服装もさほど気にしなかったのに、最近やたらと服装にも髪型にもこだわりだした。ひどい人になると、体型まで気にしだしてダイエットを始めたり、筋トレに通いだす人もいるという。
こんな傾向が見られ始めたら、それは浮気をしているかもしれないサインである。もちろん身なりを気にし始めたからといってそれだけで決定的な証拠とは言えない。携帯電話や、こそこそする時間が多くなったなど、ほかの事実と組み合わせることも必要である。
携帯電話に関しては相手と連絡を取るために必要なものであるために、ここには証拠が詰まっているといっても過言ではない。相手と連絡を取った形跡はもちろんすぐに消去しているハズなので、探そうと思っても見つからないことが多い。
ロックをこれまでかけていなかったのにかけるようになった、履歴を調べたらすべて消去されているなどの事実があればこれは疑ってもいいだろう。これまではお風呂に入るとき、トイレに入るときには携帯を置いていっていたのに、今は肌身離さず持ち歩いている、これも怪しい行動である。
見られては困ることがあるから持ち歩くのだ。お風呂にまで持ち歩いている人はかなり要注意と言える。ブログでも似たような事例がたくさんあったのだ。また、外出を一緒にしていて、トイレに行ったっきりかなりの時間戻らないのも注意だ。トイレで相手に連絡を取っている可能性もある。特に休日は連絡をする機会がないために、トイレに行ったすきに、相手にラインやメールで返信をしている可能性がある。
そしてその人の行動を知るなら財布の中もよくわかる行動の1つと言える。財布にはレシートが残っていることがあるが、レシートを見れば、いつ、どこへ行ったのか、何にお金を使ったのかよくわかる。コンビニでお金を使ったにしても一人分使ったのか、それともコーヒーを2つ購入しているのか、それによって誰かと一緒であることが分かる。
レストランに行っても、何を食べたのか、誰かと一緒だったのか、それもレシートを見ればわかる。現金で支払っていない場合や、レシートがない場合は、クレジットカードの明細書を調べるのも1つの方法である。
クレジットカードは利用明細書が発行されずネットのみで確認できる場合もあるが、その場合も、何に使ったのか店名がわかるようになっているため、見慣れないレストラン名やホテルの名前などは調べればすぐにわかる。
完全犯罪で浮気をしようと思っていてもなかなか難しく、特にSNSサイトが好きな男性がする場合は嘘をつくのも下手でなかなか完全犯罪で実行することは難しいためあら探しを少しすれば何かしらの証拠を掴むことはできるのである。
怪しいと思ったら身近なものから探してみるといい。もちろんすぐに出てくる場合と出てこない場合があるが、探偵に依頼するほどでもないうちに見つかることは多い。